最新記事一覧

糸

まとめ買いに便利

パッチワーク糸はパッチワークで布同士を縫い合わせるときに使う糸です。糸巻きには厚みがあるので通販ショップでは送料がかかります。そのためまとめ買いをするときに通販ショップを使うのがおすすめです。多種多様な色の糸がほしくなってきたらまとめ買いをするとよいでしょう。

裁縫

目的の布を販売しているか

布地を買うとき、近くに手芸店などがなければ通販ショップもおすすめです。安かったり、特定の種類に特化していたり、オリジナルの布地が作れたりといったメリットがあります。なにを目的として買うかを考えてショップ選びをしましょう。

糸

ネットは便利なのか

お気に入りのパッチワーク糸を探すのには、なかなか苦労します。これといったものがないという方は、一度ネットで探してみてはいがかでしょうか。ネットでは、業者ならではの品ぞろえや、作品の作り方など多くの情報がのっています。それらを活用する方法をご紹介します。

布

小物作りに利用する布

小物作りに布地を購入するなら、店舗より通販が安く種類も豊富です。実際に手に取れないので、幅に注意しましょう。失敗した時のために多めに購入すると便利です。卸問屋が運営するサイトは種類が豊富です。カットの長さはサイトにより異なり、無料サンプルをくれるところもあります。支払いもサイトごとに異なるでしょう。

裁縫道具

パッチワークに最適

ハンドメイドを楽しんでいる人の中でパッチワークをしている人にお勧めしたいのが、パッチワーク糸選びです。布を選ぶことも大切ですが、同じように布をに合わせる為の糸とキルトをする時の糸を選ぶことが大切です。それぞれの特徴を生かしたパッチワーク糸を選ぶことによって、作品の仕上がりに大きく影響します。

生地選びから始めてみよう

生地

洋裁をするのなら

既製品の布地を使って自分でファッションアイテムを作ってみたいという場合、布地の選択はとても重要になってきます。今日ではたくさんの種類が販売されていることから、デザインを考えてからそれに合わせて布地を探しに行くという方法もありますが、コートやワンピースのように大きな生地を一枚使う部分があるという場合には、どこを探しても思い描いていた生地が既製品では見つからないということもあります。ウールの生地であれば、ダブル幅と呼ばれる1.5メートルほどの生地の幅で織られていることもあるのですが、一般的な生地は98センチほどの巾であることも多いので、どこかでハギ目を作らなければならないことにもなってしまいます。後ろ中心にハギ目を作るのであれば違和感がありませんが、前中心となると格好が悪くも見えてしまいます。このようなトラブルを未然に防ぐためにも、デザインや型紙制作だけを先行して進めるのではなく、同時に布地も探しておくことは欠かせません。ハギ目を入れるとなれば、型紙に縫い代を入れる必要が出てきます。また、一般的には縦地方向に対して上下を設定することになるのですが、生地巾に入りきらないという場合には布地によっては縦横ともに同じような扱いができるものもあるので、地の目を90度回転させて型紙を作ることもできます。他にも、柄物になると柄あわせをする必要も出てくるので、布地選びは早めに始めるに越したことはありません。